読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

journal

メンヘラおばさんの日常

メンヘラさんはただ静かに暮らしたい

 私は人生でナンパされたことが1回しかありません。

 メンがヘラってない時期に、1人でフランスに行きました。そこで現地の日本通おじさんにナンパされました。無理やりキスされたりしてめんどくさかったですが、最終的にはなぜかメトロのカードをもらって帰りました。

 

 大阪のいわゆるナンパ橋でも、明らかに目線がおかしい人から声をかけられましたが、「日本人じゃないです」と中国語で言ったらすぐほかの女の人に声をかけに行ったので、ノーカンとします。

 

 で、昨日。人生で2度目のナンパにあいました。どうしても見たい展覧会があったので、電車を乗り継いで死にそうになりながら出かけたのです。その帰り道。

 インド系とおぼしきおじさんが近づいてきて、英語しゃべれますかと聞いてきました。「あんまり……」と答えると、日本語と英語のちゃんぽんで話しかけてきました。私もちゃんぽんで答えました。

 

おじさん「私は○○で英語の先生をしていマース。今日はお休みで学校もホリデイデース。今日はノープランなのデース」

私「(どこか行きたいのかな)近くにお寺とか神社とかあるけど、もう行きましたか」

お「オテラ、好きですけど今日は暑いので行きたくないデース」

私「(私より絶対暑さに強そうに見えるけどな)そうですか」

お「ビアーが飲みたいデース。ビアーが飲めるレストラン、そこのショッピングモールにありますか」

私「ありますよ」

お「あなたビアー、アルコール飲めますか」

私「一切だめですね」

お「そうですか……もうちょっとお話したいです」

 

 このあたりで道案内のお願いではないことに気づきました。

 

私「いや私もう帰るんで」

お「プラン、チェンジ。あとちょっとだけ」

私「(私のプランをお前が決めるな)とにかく帰るんで」

お「もうちょっとお話シマショー」

私「十分話したと思います」

お「いつも話しかけたりしないですヨー。ジャストユー。あなたとお話したい」

私「(いつもナンパしてるんだな……)私はあなたと話したくないです」

お「Oh……」

 

 あー、めんどくさい。ただでさえ疲れているのに。

 なんとか逃れることができましたが、またあの場所で、あのおじさんに遭遇したらどうしよう。電車に乗るとき、比較的緊張が少なくてすむ場所だったのに。知らない人に話しかけられるのやだよー。もう二度と行きたくないよー。お外怖いー。

 

 半泣きで家に帰ってから気づいたのですが、私、長袖を着ていたのですね。手首が出る格好をしていたら、ナンパ避けに使えたかもしれません。

 「マタニティマーク」みたいなマークが正直ほしいです。「この人メンヘラ!話しかけちゃダメ!」みたいなマークがあったら積極的につけます。友達と会って話すだけでも疲れるのに、イレギュラーな知らない人との会話は恐怖でしかありません。ましてや、ナンパは「断る」ということにものすごいエネルギーを使います。メンヘラさんを気軽にナンパしないでもらいたい。

 

 私の見た目もよくないのかもしれない。いかにも無害っぽい、座敷童系の顔が「話しかけやすさ」を助長しているのかもしれない。

 かわいく二次元で表現するとこんな感じ

TVアニメ「繰繰れ!コックリさん」公式サイト | キャラクター(こひな)

 よりリアルな二次元で表現するとこんな感じ

東京国立博物館 - コレクション 名品ギャラリー 館蔵品一覧 麗子(れいこ) 

 

 ちなみにナンパではなく普通の道案内は、いろんなところで頼まれます。初めて行った場所でも道を聞かれるので困ります。人から話しかけられない方法があれば、ぜひ教えてください。