読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

journal

メンヘラおばさんの日常

楽しいことをしても疲れる

 こんにちは、メンヘラおばさんです。今日はブログを書こうと思った時点ではたしかにこんにちはの時間帯でした。いつの間にか夕方になっています。

 前回たしか「午前中に起きられるようになった」ということを書いたと思うのだけれど、今週はずっと昼起床に逆戻りしておりました。

 

 原因はわかっていて、1,2か月に1度誘ってくれる貴重な友達と遊びにいったのです。待ち合わせはいつもK駅で。私は電車で15分ほど。彼女は新幹線で1時間ほど。もうこの時点で彼女に頭が上がりませんが。

 2時間カラオケをして、ごはん。その後カフェに移動するときもあれば、書店を見ることもあります。基本的にK駅の周りしか動きません。ちなみに私が動けなくなって、ごはんだけ食べて彼女を置いて帰ったこともあります。あ、やめて。石投げないで。報いは来世で受けますから。たぶん虫とかになりますから。

 で、先日は滞在時間が伸びました。6時間ほど外出したことになります。ごはんを食べたお店がとにかく空いていて、その店でダラダラしゃべっていただけなんですけどね。それでも6時間は新記録です。ちゃんと彼女を新幹線の改札まで見送ることができました。

 6時間も外出できるなんて、私めちゃめちゃ治ったんじゃない?そろそろ労働とかできるんじゃない?あ、タ○ンワーク持ってかえろー、フフフ。などと思いながら帰途につきました。

 

 その翌日からですね、午前中に起きられなくなったのは。

 起きられないし、起き上がっても全身が重い。完全に疲が労している。起きて息をしているだけでつらい。富士登山とかしたわけじゃないのに、キャッキャウフフと電車で15分の場所へ遊びにいっただけなのに、どうしてこうなった……。

 まあ、どうしてもこうしてもなくて、うつ病だからこうなったんでしょうね。厭なことをやっても楽しいことをやっても、脳が働いた分だけ平等に疲れます。そりゃ厭なことより楽しいことのほうがいいけどさ。でも、どっちも疲れます。今回は全身の疲労感がとれるまで5日ほどかかりました。新記録を出すにはそれなりの犠牲が伴いました。

 

 よく「休養期間なんだから好きなことや楽しいことだけやればいい」という趣旨のことを言っていただくのですが、それなー。という感じです。

 そもそもメンヘラおばさんは「好きなこと」が何なのかよくわからなくなっています。そして今回のように「楽しいこと」に連れ出してもらったとしても、動いた分だけみっちり疲れるのです。「好きなこと」や「楽しいこと」をしても気分転換にはなりません。何時に起きて電車に乗ってどこへ行って誰と会って何をして……というような、「こなすべき課題」という感覚が強いです。

 

 それにしても、6時間遊んで5日倒れるとすると、8時間以上仕事したらどうなるんだろう。しかも週5とか週6で、前後に満員電車というオプションがついて。でも世の中の人は普通にそういう生活をしているし、私も普通にしてたんだよなぁ。もはやそれが信じられないのですが……。

睡眠時間の変化

 こんにちは、メンヘラおばさんです。

 実は4月1日から心機一転しようと思って、手帳を買い換えました。

 心機一転で何をしようかと考えたかというと、早起きです。毎日昼過ぎに起きる生活から脱却するぞー!と決意したんです。

 

 でも、全然できませんでした、早起き……。寝つきが悪いせいもありますが、睡眠時間だけ見ると10時間とか、ひどい日だと12時間くらい寝ていました。途中、朝方に目が覚めることはあるのですが、起き上がれない。だるい。時計を見ることもできず、声を出すこともできず、そのまま再びダウン……。睡眠薬が多すぎるのかと思って、1錠減らしてみたこともあるんですが、睡眠時間自体は変わりませんでした(睡眠が浅くなっただけで)。

 

 昼過ぎに起きると頭はもうろうとしていて、気分も最悪です。だらだらと朝食(昼食)を食べて薬を飲んで、効いてくるのを待ちます。ようやく動けるようになったらすでに夕方です。そこから近所のショッピングモール等をうろうろして、あっという間に夜です。夜が一番元気で、気分的にウォーってなってる時間帯に入浴し、寝る準備をしなければなりません。なんだこの1日。

 働いていたときは朝6時半に起きて、片道1時間弱かけて電車で通勤し、帰宅してからは副業の締め切りに追われ、深夜2時ごろに寝ていたんです。それでやっていけてたので、私はショートスリーパーなんだと思ってました。今となっては誰も信じてくれないでしょうけれども。私も信じられません。

 

 そんな感じで4月は過ぎて、私もうダメだ……と思ってたんですけど。

 5月に入ってから数日、9時とか10時とかに起きられる日がでてきました。睡眠時間は7時間とか8時間ほど。でも、12時間寝た日より目覚めが良いです。薬の量は変わっていないのに、不思議です。このまま調子よくいけば、もっと早く起きられるようになるかも!朝起きられるようになったら、仕事を探せるかも!!

 

 ……と調子に乗っていたら、先日の通院日、病院から帰ってきて2時間寝てしまいました。電車に乗って外出した日は、帰宅するとすぐ脳が止まる感じになって、意識を失うように寝てしまいます。ピッタリ2時間ほど寝るとスッキリ起きます。体力ゲージは満タンになっています。この時点で夜8時とか9時だと、全く眠気が来ないので悲惨です。眠剤に頓服を加えてなんとか寝ついたものの、起きたら昼の1時でした。ハッハッハ(泣きたい)。

 

 きょうはなんとか11時に起きることができました。それにしても、「起きられないのは薬の量が多いから」だと信じてたんですが、そういうわけでもないみたいですね。私の脳の具合がよければスッキリ起きられる(当社比。気分はそれなりに悪いし発語もできない)し、脳の具合が悪ければ長く眠らせようとする、ような気がします。ちなみに処方は、レンドルミン2錠、セロクエル2錠、レスリン1錠です。多いのか少ないのかよくわかりませんが……お薬って不思議なものです。

ブログを書くときに気をつけていること

 ブログを書きはじめてから、なんとなくですが決めていることがあります。

 

  • 毎日書こうとか月に何記事書こうとか決めない

 自分にノルマを課すと燃え尽きる自信があるので決めません。

  • アクセス数は気にしない

 たくさんの人に見てほしいと思ってないので見ていません。万が一炎上したら気にすると思います。

 というか、はてなのアプリを入れていません。たとえば何か厭なことがあって、スマホから脊髄反射で記事を書いたら、絶対ロクなこと書かないと思いますので。

  • 書きたいことは一旦寝かせる

 何事かがあったときは、紙の手帳に手で書いてしばらく寝かせます。時間をおいて読み返し、これはブログに書いてもいいと思ったら書きます。

続きを読む

メンヘラ.jpのわかり手さんが出演した番組を見ました

 「精神障害と就労」についての番組を見ました。

menhera.jp

精神障害は所詮ひとごと、という気持ちが伝わるあたたかい番組でした

 番組を見てまず感じたのは、テレビに出ている人たちって、精神障害のことを思った以上に知らないんだなということです。堀潤さん、原田曜平さんあたりは、実際に職場で精神を病む人とかかわったことがあるようなので(元NHK博報堂ですものね……)、話が通じやすそうな雰囲気がしたのですが。

 そのほかの出演者の方はみんな、「精神障害」がどんなものがわからない、知らない、自分とは全く関係のないよくわからない生き物、みたいなとらえ方をしているのかなあと思いました。いちおうニュース番組の体裁をとっているのだから、いろいろな方面に知識がある人が出るのかなと思っていたのですが……。

 わかり手さんが指摘したてんかんの例もそうですし、池澤あやかさんの「精神障害って遺伝するんですか?生まれつきなんですか?治るんですか?」という質問コンボもキツかったですね。私がもしあんな聞き方をされたら、無言で池澤さんを「絶対社会的に殺すリスト」に入れると思います。冷静に回答したわかり手さん、めっちゃいい人。

 うつ病適応障害摂食障害、依存症など、いつ誰がどんなきっかけで罹患してもおかしくない精神障害っていくらでもありますよ。この人、これからの長い人生の中で自分が絶対精神障害にならないという自信があるんでしょうか。

togetter.com あ、とても自信がありそうですね。なるほどなるほど。

 

精神障害者への差別意識が鮮明化する、生放送ならではのドキドキ感

 それから猫組長さんから、「どうして企業側が受け入れなければならないのか、福祉でやれ」的な発言が何度か見られたと思うんですけれども。なんで企業側が背負うペナルティみたいなとらえ方しかできないんでしょうか。それ「精神障害者は社会のお荷物だから雇いたくない」と言ってるのと変わらないですよ。

 そもそも「障害者の自立支援」、つまり障害者であっても、ちょっと工夫すれば働けるヤツはガンガン働いて自分で稼いで自立して、福祉の金に頼ってこないでね、というのが国の意思なんでしょ。だからこういう法制が新しく出てきたんでしょ。「福祉でやれ」って言いだしたら話が振り出しですよ。で、仮に福祉で全部やることになったとして、費用が膨大になったら「福祉とかに金使ってんじゃねーよ。働けるヤツは働いてとっとと自立しろよ」と最初に文句言うのって、絶対こういうタイプの人ですよ。霊感ですけど。10万ベル賭けてもいい、霊感ですけど。

 

視聴後は思わず天を仰いでしまう印象的な番組でした

 まあ、見終わって思ったのは「世の中って自信で満ち溢れてるやつばっかでこえーな」ってことです。自分の職場に、取引先に、最近あまり連絡をとってない友人や親族の誰かの中に、カミングアウトしてないメンヘラがいるかもしれないのに。自分の発した何気ないひとことがきっかけで、職場に来られなくなった人がいて、自分だけがそれに気づいてないのかもしれないのに。そういうこと一切考えずに生きていていいんだね、すごいね……。

 しかしまあ成功している世の中の人ってこんな感じなのかあ、ということを知れただけでも勉強になったのかもしれません。社会復帰がますます恐ろしくなりました。

 

※あと全然関係ないんだけど、村本さんという出演者の方が、アナウンサの方に終始ピッタリくっつくような姿勢で座っていたのが気になりました。アナウンサさんが大好きなのか、反対側の隣に座っていた池澤さんと目を合わせたくないのか……すげー気になる……気になって話が全然頭に入ってこなかった……。

メンヘラさんが4月に使ったお金

 タイトルのとおりです。

f:id:nikon_deux:20170503234717j:plain

続きを読む

行ったことがない場所が怖い

 先日、ひさしぶりに美術展に行ってきました。

 もともと美術館やギャラリーに行くのは好きでしたが、昨年秋から冬にかけて、全く行けてなかったようです。ワナドゥ手帳というのがあって、それに記録をつけてるんですけど、去年の9月を最後に何も見に行ってないみたいです。好奇心の死に方が激しいです。

ワナドゥ手帳 美術館|ステーショナリー | ダイアリー・日記・家計簿 | ワナドゥ手帳 | |ロフトオリジナル|枻出版社|ロフトネットストア

 

 今回行ったのは、某駅直結の百貨店内にあるギャラリースペースです。百貨店にありがちな販売目的の企画ではなくて、わりと固めの、美術館美術館した展示です。内容にはとても満足しました。

 しかし熱心に見すぎて疲れた。2時間近く立ちっぱなしでしたし。普通ならどこかカフェに入って一休みして……ってなるところですが、それがなぜかできなかったんですよねー……なんでだろー……。どのお店にも入りたくないというか、どこに入ってもリラックスできないというか、緊張して飲み食いできないというか、下手に何か飲んだら吐きそうというか……。

 というわけで即撤退。ダッシュで電車に乗って帰りました。このときの疲労感は2日ほど抜けませんでした。

 

 で、同じく某駅近くの映画館で見たい映画があるんですけれども。でもたぶん無理かなーと思ってます。先日の体験からすると、某駅に着いた時点で体力が50%減くらいになります。それから何らかのコンテンツを見て、それが好きなものであってもやっぱり体力50%減です。この時点で残0です。ギャラリー自体は何度か行ったことある場所で、この点に関しては消耗度0です。

 しかし映画館はね。行ったことないんですよね、ここ。

 駅まで行って50%減、行ったことない場所に行くってことでさらに50%減ですから、もう映画見る気力が残らないと思うんですよね。混み具合もわからないし、映画館って造りによっては閉じ込められてる感を感じる場所もありますから、もはや生きて帰ってこられる気がしない……。

 

 なんというか、自分の縄張り以外には出られない猫みたいになってます。何度か行って「ここは安全」と確認できた場所しか行きたくない。「美術館いきたい」「映画みたい」という欲求が戻ってきたのは喜ばしいですが、そのために慣れない場所へ外出するのはまだ恐ろしいと感じてしまいます。好きなことを好きなように楽しめる状態には、まだ戻ってないんだなと思います。

メンヘラさんにとって地雷になりそうな本を見極めよう

 こんばんは、メンヘラおばさんです。

 書店や図書館に行くと、必ず精神医療関係の本棚を見ます。自分にとって役に立つ情報がないか、あわよくば読むだけで劇的に症状が改善するすんばらしい本が新たに出版されていないか、チェックするためです。

 しかし、当然ながらそんな本はなかなかありません。むしろタイトルを見るだけでげんなりしてしまうような本がたくさんあります。どんなタイトルが私をげんなりさせるのか、以下に例を挙げます。メンヘラ各位がうっかり地雷本を買ってしまわないために、参考になれば幸いです。

続きを読む