journal

メンヘラおばさんの日常

もはや労働に対するPTSDではないのかと思う件

 こんにちは、メンヘラおばさんです。まだ障害者手帳の申請結果は届きません。これだけ遅いと、結果が届く前に治っちゃうじゃないかと期待しているのですが、その気配もありません。

 前職を休職したのが去年……じゃないや、おととしの8月です。あとふた月もしないうちに、休職から2年がたってしまうことになります。

 最初に新卒でブラックに入社してうつ病になったときには、たぶん半年ぐらい寝たきり状態だったと思うんですが(いちばんひどい時期の記憶がないのでよくわからない)、その後は人と会ったり、自力でバイトを探そうとしていたように思います。当時とくらべると、今回はあまりにも回復が遅いです。父曰く「病気になるまで我慢した時間の倍、回復に時間がかかるんだってよ」とのことですが(どこでそんな胡散臭い知識を仕入れてきたのか)、マジでこのまま老人になってしまうのではないかと思うと恐ろしいです。

 

 で、これ本当にうつ病だけか?という疑問がわきまして。

www.mhlw.go.jp 自然災害にも事件にも事故にも遭遇してないですけど、症状がすごく似てるんですよね……。

  • 向こうから歩いてくるおばさんが、そのままつかつかと近寄ってきて私につめ寄りわめき散らすのではないかと思う
  • 向こうから歩いてくるおじさんが、すれ違いざまに無言で包丁で刺してくるのではないかと思う
  • クレーマーの相手をしている夢を何度も見る

 この辺が去年ぐらいまであった症状です。最近では、

  • 報道等で(予測できない場面で)前職の職場のある地域名を目にすると食欲が止まる、当時のことを次々に思い出して恐怖する

 という症状があります。

 

 というか、労働すること、雇用されること自体を「災害」みたいにとらえている部分があります。「働くと必ず私はひどい目に合う」と思ってしまいます。実際、新卒ブラックから零れ落ちて以降の人生がその繰り返しでしたので。

 厚労省のサイトには載っていませんでしたが、「ショックなできごとに遭遇してから時間が止まっているように感じる」というのもPTSDの特徴だそうです。私は年齢的にはしっかりみっちりおばさんですが、気持ちは常に新卒です。就活(バイト、派遣、契約社員)のときは完全に新卒モードで、「何でもやります!やればできます!やる気元気イワキ!」みたいなことを調子よく言ってしまいます。

 就職活動というのは労使双方にとって最適なお相手を選ぶお見合いみたいなものであるはずなのに、とにかく採用されたい一心で頑張ってしまう。こちらにも選ぶ権利がある、ということはすっかり忘れてしまっています。で、結果的にとんでもない無茶ぶりにも応えてしまうことになります(今思い返すと、その給料でその仕事……?みたいなのが結構あります)。

 その結果、疲労困憊しながら向いてない仕事をこなすことになり、きっちり応えても心に残るのは疲労感のみで、達成感はゼロです(正社員のように結果がお給料に反映されれば違うのでしょうけれど)。そんな感じで10年ほど過ごしていたら、再び精神の沼に落ちてしまいました。なんだかもう、働こうという気力が残っていないような気がします。

 

 今の自分の状態は労働に対するPTSDなんじゃないか、という話を医師にしたところ、我が意を得たり的な感じで頷いていたので、あながち間違いではないと思います。PTSDの回復には、自分への信頼と世界への信頼を取り戻すことが必要だと本に書いてありました。なるほどなぁ、と思いつつ、それができたら苦労しねーわ、とも思いつつ。

氷河期世代の考え方、その一例

同級生が偉い人になっていた

 先日、あるドラマを観ていたら、クレジットに見覚えのある名前が載っていました。大学の同級生の名前でした。ググってみると顔写真が出てきて、「うわ、おじさんになったな」とは思いましたが、たしかにその人でした。監督だかディレクターだか、なんかそんな偉い人になっていました。

 

 以前にも、別の同級生が脚本家としてドラマのクレジットに載っていたことがあります。しかもドラマはお茶の間に大好評で映画化までされて、私も劇場まで足を運びました。原作の小説も読んでいたのですが、さらにわかりやすいように上手に改変されていて、「これがドラマを作る人の力かー」と感心しました。ただ、その脚本家の人は、学生時代からシナリオ学校に行ったり現場の仕事を受けたりしていたようで、授業で顔を見ることはあまりありませんでした。直接話したことなんか1回もないと思います。なので、「やっぱり夢に向かって一直線でやっていったんだなー、すごいなー」という感想しかありませんでした。

 

 しかし、監督だかディレクターだかの彼は違います。普通に授業に出ていたし、バイトしたりサークル活動したり、ごくごく普通の健全な大学生活を送っていました。控えめに言ってもコミュ障男子としか形容できない男子学生と、ザルというより枠という勢いで酒を飲むことにしか関心がない女子学生によって形成された私たちのクラスにおいて、唯一まっとうな人間が彼でした。逆に「こんなにまともな人が、なぜこの学科に来ているのか」という疑問さえ私はひそかに抱いていました。

 

 やがて氷河期も氷河期、マンモスが走りながら氷の柱になるようなクソ寒い就職氷河期真っただ中の就職活動が始まり、私たちはESの山に埋もれたり心が折れたり妥協したり開き直ってゲーム廃人になったり研究者になる気もないのに院に逃げたりもう少しで仕上がる卒論をゴミ箱に捨てて留年したりスーツだけ買って満足したり爽やかに無職デビューをキメたり、まあ各々そういうことをやっていました。

 そんなクソ虫を集めたクラスの中、唯一キラキラときらめく内定を取得したのが彼でした。就活において必要とされるのは、専門分野にのみ特化した変人ではない。専門分野を適正に愛し(ていることを的確に表現でき)つつ、広く平和な人間関係を築き、各所でウザがられない程度のリーダーシップを発揮できる、とことんまっとうな彼こそが、就活およびその後の社会生活において必要とされる人物であったわけです。

支離滅裂な嫉妬と反省

 彼の名前を見たときにまず思ったのは、「彼はこんなすごい人になっているのに、私はなんで今ここにいるんだろう」でした。

 もちろん性格の良さとか身体の丈夫さとかは、私より彼のほうが格段に上だろうけれども、同じ大学で同じ授業を受けていたのだから、頭の中身としては同じぐらいであったはず。また、授業中の様子から判断するに、リサーチしてまとめて発表するという能力については私のほうが上だったように思う。どちらもギョーカイと言われるような筋にコネクションがあるわけでもなく、地方出身の普通の大学生だった。

 なのにどうして彼の名前がテレビの画面に映っていて、私は実家の子供部屋で死にたい死にたいと言いながらずるずる生きているんだ。どうして私の名前があそこに映ってないないんだ。おかしいじゃないか。

続きを読む

うっかり本田選手のツイートを読んでしまったメンヘラさんたちへ

 こちらの記事を読んで、サッカーの本田選手のツイートを知りました。

hirokimochizuki.hatenablog.com 本田選手は若い人の自殺を止めたくてツイートされたのだと思いますが、メンヘラさんがこのツイートを読んだら、即死にたくなること間違いなしです。読まないほうがいいです。うっかり読んでしまったメンヘラさん向けに、以下の文章を贈ります。

 緊急性が高いと思ったので、事前に何も準備せず思ったまま書きます。

続きを読む

手帳を申請した結果を待っています

 こんにちは、メンヘラおばさんです。

 最近は特に変化も前進もなく、今日は昨日の繰り返し、みたいな生活をしています。夕方から外に出て、近所のショッピングセンタをうろうろし、近所のねこを丹念に撫でて伸ばしてから、夜までに帰ってきます。どうしても電車に乗らなければならない用事がある日は、帰宅してから必ず2時間倒れます。いずれにしてもルーチンなニート生活です。

 

 社会復帰に向けてバイト探せ筋トレしろマインドフルネスを活用しろ最高の睡眠を実践しろ等々のご意見が出るかもしれませんが、ちょっと今「待ち」の状態なのです。人生で最初にメンがヘラってから10年以上たつのですが、このたび初めて精神障害者保健福祉手帳の受給を申請しました。

精神障害者保健福祉手帳|経済的な支援|治療や生活に役立つ情報|みんなのメンタルヘルス総合サイト

 

 申請した主な理由は、障害者採用枠での就職活動を考えてみようと思ったからです。

 ハローワークのサイトで障害者向けの求人を見てみると、どんな仕事をするのかが詳しく書かれています。特に社外との電話対応やお客様対応がないものが多く、対人恐怖のある私にはとても魅力的です。どれも正社員雇用ではないし、給与も安いと言われていますが、私の住んでいる地域では正社員の給料も激安なので、正直たいして変わりません。むしろ正社員雇用が「月額16万円定額働かせ放題プラン」状態なので、障害者向け求人のほうがホワイトであります。

 一方、手帳を持っていることをオープンにしなければならないという決まりもないので、手帳所持者であることを隠して、一般の求人に応募することも可能です。

 

 精神障害者保健福祉手帳には3つの等級があり、一番低い3級の認定基準はこうです。

精神障害であって、日常生活若しくは社会生活が制限を受けるか、又は日常生活若しくは社会生活に制限を加えることを必要とする程度のもの(概ね障害年金3級に相当)

  現在、メンヘラおばさんは薬飲まないと眠れない、薬飲まないとしにたくなる、生きて頑張ろうという気持ちが根本的にない、外出できる時間が短い、乗り物つらい、ものが選べないなどの自覚症状があるので、そのあたりが伝われば通るんじゃないかなー、と思っています。まあ、どうなるかわかりませんけど。

 あと、(概ね障害年金3級に相当)という部分がちょっと引っかかっていて。実は障害年金の申請もすでにしてるんです。父が。で、年金事務所に申請に行った時点で、受け付けてくれた方が「これは通らないかもしれませんね」という反応だったらしいです。それも結果待ちなんですけど。障害年金3級が通らなかったら、手帳の3級も通らないんですかね。そうだとしたらちょっと、いやかなりつらいな……という感じです。

 実際、私は一般的な社会生活を送ることができておらず、日常生活を送るにも制限があって、両親からの援助があるから今こうしていられるわけです。この状態で「お前のソレは障害じゃないから国はお前を助けない。自力で生きよ」と言われたら……ねえ(でも、そう言われる可能性もある)。

 

 まあ残念ながらメンヘラおばさんのまだ人生は残っていて、なおかつ安楽死を選択する制度もないので、このままだと私がメンヘラを隠して無免許パートの介護おばさんになって、親が認知症などの病気になって、介護にかかりきりになって貯金を食いつくして、どったんばったん大騒ぎの末に気がついたら自分1人がぼんやり生き残ってるとか、そういうシナリオが考えられるんですよね。その激ヤバ鬼詰めモードのシナリオが始まる前に「障害者として必要と認められた分の補助を受ける」という分岐点があれば、何か違う結果が得られるのではないか……という気がする。霊感ですけど。

 

 あ、ちなみに自立支援医療障害年金精神障害者保健福祉手帳も、私の住んでいる自治体では申請時にマイナンバー必要でした。「自立支援」「マイナンバー」「書きたくない」で検索してきたそこのあなた。自治体がそう言い張る以上は、どんだけ書きたくなかろうが書かねばならんです。詳しくはお住まいの地域の役所にお問い合わせください。

楽しいことをしても疲れる

 こんにちは、メンヘラおばさんです。今日はブログを書こうと思った時点ではたしかにこんにちはの時間帯でした。いつの間にか夕方になっています。

 前回たしか「午前中に起きられるようになった」ということを書いたと思うのだけれど、今週はずっと昼起床に逆戻りしておりました。

 

 原因はわかっていて、1,2か月に1度誘ってくれる貴重な友達と遊びにいったのです。待ち合わせはいつもK駅で。私は電車で15分ほど。彼女は新幹線で1時間ほど。もうこの時点で彼女に頭が上がりませんが。

 2時間カラオケをして、ごはん。その後カフェに移動するときもあれば、書店を見ることもあります。基本的にK駅の周りしか動きません。ちなみに私が動けなくなって、ごはんだけ食べて彼女を置いて帰ったこともあります。あ、やめて。石投げないで。報いは来世で受けますから。たぶん虫とかになりますから。

 で、先日は滞在時間が伸びました。6時間ほど外出したことになります。ごはんを食べたお店がとにかく空いていて、その店でダラダラしゃべっていただけなんですけどね。それでも6時間は新記録です。ちゃんと彼女を新幹線の改札まで見送ることができました。

 6時間も外出できるなんて、私めちゃめちゃ治ったんじゃない?そろそろ労働とかできるんじゃない?あ、タ○ンワーク持ってかえろー、フフフ。などと思いながら帰途につきました。

 

 その翌日からですね、午前中に起きられなくなったのは。

 起きられないし、起き上がっても全身が重い。完全に疲が労している。起きて息をしているだけでつらい。富士登山とかしたわけじゃないのに、キャッキャウフフと電車で15分の場所へ遊びにいっただけなのに、どうしてこうなった……。

 まあ、どうしてもこうしてもなくて、うつ病だからこうなったんでしょうね。厭なことをやっても楽しいことをやっても、脳が働いた分だけ平等に疲れます。そりゃ厭なことより楽しいことのほうがいいけどさ。でも、どっちも疲れます。今回は全身の疲労感がとれるまで5日ほどかかりました。新記録を出すにはそれなりの犠牲が伴いました。

 

 よく「休養期間なんだから好きなことや楽しいことだけやればいい」という趣旨のことを言っていただくのですが、それなー。という感じです。

 そもそもメンヘラおばさんは「好きなこと」が何なのかよくわからなくなっています。そして今回のように「楽しいこと」に連れ出してもらったとしても、動いた分だけみっちり疲れるのです。「好きなこと」や「楽しいこと」をしても気分転換にはなりません。何時に起きて電車に乗ってどこへ行って誰と会って何をして……というような、「こなすべき課題」という感覚が強いです。

 

 それにしても、6時間遊んで5日倒れるとすると、8時間以上仕事したらどうなるんだろう。しかも週5とか週6で、前後に満員電車というオプションがついて。でも世の中の人は普通にそういう生活をしているし、私も普通にしてたんだよなぁ。もはやそれが信じられないのですが……。

睡眠時間の変化

 こんにちは、メンヘラおばさんです。

 実は4月1日から心機一転しようと思って、手帳を買い換えました。

 心機一転で何をしようかと考えたかというと、早起きです。毎日昼過ぎに起きる生活から脱却するぞー!と決意したんです。

 

 でも、全然できませんでした、早起き……。寝つきが悪いせいもありますが、睡眠時間だけ見ると10時間とか、ひどい日だと12時間くらい寝ていました。途中、朝方に目が覚めることはあるのですが、起き上がれない。だるい。時計を見ることもできず、声を出すこともできず、そのまま再びダウン……。睡眠薬が多すぎるのかと思って、1錠減らしてみたこともあるんですが、睡眠時間自体は変わりませんでした(睡眠が浅くなっただけで)。

 

 昼過ぎに起きると頭はもうろうとしていて、気分も最悪です。だらだらと朝食(昼食)を食べて薬を飲んで、効いてくるのを待ちます。ようやく動けるようになったらすでに夕方です。そこから近所のショッピングモール等をうろうろして、あっという間に夜です。夜が一番元気で、気分的にウォーってなってる時間帯に入浴し、寝る準備をしなければなりません。なんだこの1日。

 働いていたときは朝6時半に起きて、片道1時間弱かけて電車で通勤し、帰宅してからは副業の締め切りに追われ、深夜2時ごろに寝ていたんです。それでやっていけてたので、私はショートスリーパーなんだと思ってました。今となっては誰も信じてくれないでしょうけれども。私も信じられません。

 

 そんな感じで4月は過ぎて、私もうダメだ……と思ってたんですけど。

 5月に入ってから数日、9時とか10時とかに起きられる日がでてきました。睡眠時間は7時間とか8時間ほど。でも、12時間寝た日より目覚めが良いです。薬の量は変わっていないのに、不思議です。このまま調子よくいけば、もっと早く起きられるようになるかも!朝起きられるようになったら、仕事を探せるかも!!

 

 ……と調子に乗っていたら、先日の通院日、病院から帰ってきて2時間寝てしまいました。電車に乗って外出した日は、帰宅するとすぐ脳が止まる感じになって、意識を失うように寝てしまいます。ピッタリ2時間ほど寝るとスッキリ起きます。体力ゲージは満タンになっています。この時点で夜8時とか9時だと、全く眠気が来ないので悲惨です。眠剤に頓服を加えてなんとか寝ついたものの、起きたら昼の1時でした。ハッハッハ(泣きたい)。

 

 きょうはなんとか11時に起きることができました。それにしても、「起きられないのは薬の量が多いから」だと信じてたんですが、そういうわけでもないみたいですね。私の脳の具合がよければスッキリ起きられる(当社比。気分はそれなりに悪いし発語もできない)し、脳の具合が悪ければ長く眠らせようとする、ような気がします。ちなみに処方は、レンドルミン2錠、セロクエル2錠、レスリン1錠です。多いのか少ないのかよくわかりませんが……お薬って不思議なものです。

ブログを書くときに気をつけていること

 ブログを書きはじめてから、なんとなくですが決めていることがあります。

 

  • 毎日書こうとか月に何記事書こうとか決めない

 自分にノルマを課すと燃え尽きる自信があるので決めません。

  • アクセス数は気にしない

 たくさんの人に見てほしいと思ってないので見ていません。万が一炎上したら気にすると思います。

 というか、はてなのアプリを入れていません。たとえば何か厭なことがあって、スマホから脊髄反射で記事を書いたら、絶対ロクなこと書かないと思いますので。

  • 書きたいことは一旦寝かせる

 何事かがあったときは、紙の手帳に手で書いてしばらく寝かせます。時間をおいて読み返し、これはブログに書いてもいいと思ったら書きます。

続きを読む