読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

journal

メンヘラおばさんの日常

メンヘラさんが3月に使ったお金

 タイトルのとおりです。

f:id:nikon_deux:20170402155730j:plain

  医療費が60%オーバー。3月は5週間あったので、皮膚科に2回行きました。加えて、私の場合花粉症の薬が処方薬より市販薬のほうが効くので、それもたくさん買いました。

 交通費と交際費は正直そのときになってみないとわからないので予算がたてられない……外食もしないことが前提なんですけど、外出先で疲れすぎて脳が止まることがあるから、そういうときは仕方ないので……。

 

 でもまあ、実際こんなもんなんじゃね?地方都市で生きてるだけで7万以上使っちゃうの、実は普通じゃね?と思ったのが以下の記事。

news.careerconnection.jp

 22万-7万=15万。私の住んでいるあたりは田舎なので、単身者向け賃貸があまりない(そもそも賃貸物件が少ない)。大学がある地域には学生向けアパートがあるが、大学が山奥に隔離されているため、大学に行く人以外が借りてもあまり意味がない。結果的に、単身で無駄に広いファミリー向けの賃貸を借りることになる。よって家賃は少なく見積もっても7~8万、下手すりゃ10万。残りの5万で水道光熱費、食費を払って終了、という感じである。私のお金使う感覚とかなり合ってる。この場合、貯金に幾ら回せるかは、家賃によりますね。

 

 さらに日経WOMANの場合、「週1~2回のスタバ通い」までも、貧乏生活の予算に含めている。理由は「あまりに余裕のない生活はいつか破たんする」から。そらーそうですよねー……。

wol.nikkeibp.co.jp

  我慢して我慢して趣味代を切り詰めた次の月に、反動でさして必要でない本を買ってしまったり、節約しなきゃ節約しなきゃと言いながら100均でよくわからないグッズを買ってしまったり、100円だからいいだろうと自分に言い訳するも数日でやっぱりいらないものだったと気づいて後悔したり……するんですよ……で、ますます余裕がなくなるんですよ……(経験者は語る)。

 

 まあとにかく、お金を使うこと自体に罪悪感を持つのはやめようと思う次第であります(もちろん無駄遣いはしないように気をつけるよ!)。