読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

journal

メンヘラおばさんの日常

心斎橋まで行って帰ってきた話(現地滞在時間30分以内)

nikon-deux.hatenablog.jp

  続・ドームコンサートへの道。今回は「心斎橋まで行って帰ってくる」ことを目標とした。目指す場所は無難に大丸心斎橋店とする。

  今回は行きのJRの中で既に非常に気分が悪くて、京都で降りてしまおうかと思ったほどだった。電車の中で2度もトイレに駆け込んだ。大阪駅に着いて、そのままホームを移動して帰ろうかとも思った。しかしちょうど「↑地下鉄御堂筋線」の案内が目に入ったので、とりあえず改札を出てみた。

 たしか10年くらい前、本町まで派遣の登録に行ったことがあるし、友達につきあって心斎橋のOPAに行った記憶もある。御堂筋線なら乗れるかもしれない。

 

 しかし「↑地下鉄御堂筋線」の案内にしたがって歩いているのに、全然地下鉄の乗り場が見えてこない。この道で本当に合っているのか、と不安に感じたところで再び「↑地下鉄御堂筋線」の看板が出てくる。ずんずん進んでいくと今度は「←地下鉄御堂筋線」である。私の知っている御堂筋線はもっとJRから近かったような気がするのだが。ウメダンジョンは伸縮する性質でも持っているのか。

 

 ようやく御堂筋線の乗り場に着く。地下鉄のトイレはきれいに改装されており、電車も京都の地下鉄とくらべるとあまり混んでいないように感じる。淀屋橋までの距離がものすごく長く感じて座席にちぢこまっていたが、本町、心斎橋はすぐであった。無事、大丸心斎橋店に到着し、田舎では見られないフランフランジェラートピケなどを眺めた。お昼時を過ぎていたが、緊張で胃がおかしくなって食べられない。前回と同じく30分ほど滞在して帰ることにした。

 

 ちなみに、帰るときも「↑JR大阪駅」の表示にしたがって歩いたのだが、来たときと全く同じルートであった。この道が地下鉄御堂筋線への最短ルートだということだ。では10年前に私が見た地下鉄御堂筋線は幻だったのだろうか。来週はドームまで行ってみるつもりなのだが、1週間後にまた道が伸縮したりしていないだろうか。まこと、梅田は奇怪な街である。

 

 自宅最寄駅に着いたのは16時ごろだった。駅の近くの喫茶店で、コーヒーとパンをもりもり食べた。そういえば当日どこかで昼食を食べる時間を設けなければならない。移動して、昼ご飯食べて、コンサート見て、たぶん夜ご飯も食べて、移動する。とてつもなく1日が長い。途中で脳がエナジィ不足になって、道で眠り始めたりするんじゃないだろうか。大阪で宿泊するところを確保しておいたほうがいいような気がしてきた。